日本皮膚外科学会について About

学会の概要

「皮膚腫瘍、母斑、瘢痕その他皮膚科の知識をもって治療にあたるべき疾患 に関する臨床力の向上」を目的 として、 当会の前身である「皮膚外科勉強会」発足したのは1986年のことです。

 当時兵庫医科大学皮膚科の宮崎孝夫先生が「メスをもつ皮膚科医が学ぶ場の必要性」を提案され、神戸大学皮膚科の熊野公子先生(元兵庫県立成人病センター皮膚科:本会前会長)と清水良輔先生(現皮ふ科しみずクリニック) の3人が発起人と なり、1986年11月8日に第1回が神戸で開催されました。

 第5回(1990年)は、虎の門病院皮膚科部長の大原國章先生(本学会会長:現理事長:現赤坂虎の門クリニック皮膚科)が主催し、この年から神戸と東京の交互開催となり「日本皮膚外科勉強会」と改称し、1996年2月に発展的解消し「日本皮膚外科学会」として成立しました。この年の第11回は、沖縄 で開催し、以降は日本各地の評議員が開催してくれました。その後2014年2月に特定非営利活動法人の認証を得て現在に至っています。

役員一覧

理事長 大原國章 (赤坂虎の門クリニック)
副理事長 伊藤孝明 (兵庫医科大学)
  中川浩一 (済生会富田林病院)
理事 浅井純 (京都府立医科大学)
  岩澤うつぎ (都立広尾病院)
門野岳史 (聖マリアンナ医科大学)
  金子高英 (順天堂大学浦安病院)
  神谷秀喜 中部国際医療センター
  清原祥夫 (静岡がんセンター)
  竹之内辰也 (新潟県立がんセンター新潟病院)
  中川雅裕 (浜松医科大学形成外科)
  中村泰大 (埼玉医科大学国際医療センター)
  前川武雄 (自治医科大学)
  松下茂人 (鹿児島医療センター)
  三石剛 さいたま赤十字病院
  山本有紀 (和歌山県立医科大学)
監事 緒方大 (国立がん研究センター中央病院)
  南祥一郎 (市立伊丹病院)

2021年12月時点

委員会組織

委員会名称 業務内容 役職 委員名 所属施設
教育委員会 ・会員の知識・技能向上のための教育研修企画を立案、開催
・皮膚外科を志す次世代医師のキャリア支援
・日本皮膚科学会認定皮膚悪性腫瘍指導専門医制度の普及
委員長 竹之内辰也 新潟県立がんセンター新潟病院
副委員長 金子高英 順天堂大学浦安病院
  岸晶子 虎の門病院
  浅越健治 岡山医療センター
国際関係・
学術委員会
・日本の皮膚外科領域の診療や研究内容をアジアを含む海外に向けて発信するとともに、海外の優れた研究内容を取り入れる。そのために、国際学会(ISDS International Society for Dermatologic Surgery)や、アジアの学会(ACDS Asian Congress of Dermatologic Surgery)との国際交流を推進する。
・皮膚外科領域に関する臨床研究(前向き・後ろ向き研究)を推進し,診療の改善や治療成績の向上に寄与する。
・学術・研究の支援策を検討し、国際学会参加助成制度や外国人研修生助成制度などを公募し、応募者の選考などについて審議する。
委員長 中村泰大 埼玉医科大学国際医療センター
副委員長 松下茂人 鹿児島医療センター
  林礼人 順天堂大学浦安病院
  内博史 国立病院機構九州がんセンター
広報・
渉外委員会
・ホームページ・メール・ニュースの管理、学会内外への情報の発信などの活動を介して、皮膚外科に関する情報共有と啓発活動を行う。
・協賛企業への打診の窓口
・次々期学術集会会長候補者の推薦
委員長 清原祥夫 静岡がんセンター
副委員長 山本有紀 和歌山県立医科大学
  神谷秀喜 中部国際医療センター
  中川雅裕 浜松医科大学形成外科
雑誌編集委員会 年2回の会誌発行に関わる業務(査読・編集・企画立案などや雑誌に関わる倫理面の確認)
・PDF化した会誌の管理(アーカイブ化)
委員長 門野岳史 聖マリアンナ医科大学
副委員長 岩澤うつぎ 都立広尾病院
財務委員会 ・予算書作成
・決算書作成
・年会費の徴収
・自己資金・外部資金の短期・長期的検討
委員長 中村泰大 埼玉医科大学国際医療センター
副委員長 三石剛 さいたま赤十字病院
  加藤裕史 名古屋市立大学大学院医学研究科
総務・
規約委員会
・総会・評議員会・理事会等の準備・運営
・会長・理事・評議員・監事の選挙管理
・名誉会員の推薦
・定款策定、検討
委員長 松下茂人 鹿児島医療センター
副委員長 中川雅裕 浜松医科大学形成外科
  山本有紀 和歌山県立医科大学
倫理委員会 ・皮膚外科に関する医の倫理及び規範に関すること、教育、研究及び医療行為とそれらに係わる活動により生じた倫理上の問題について審議する
・COI指針に基づいて、COI状態の判断ならびに助言、啓発活動などの管理をするとともに、COI指針の見直し、改訂について検討する
・研究倫理に関する事項(会誌含む)
・行政処分を受けた会員の処分
委員長 神谷秀喜 中部国際医療センター
副委員長 前川武雄 自治医科大学
  八代浩 福井済生会病院
ページ最上部へ